Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

川崎Office ブログ

2015/11/27 川崎Office

報連相!~協力してこそ仕事人~

みなさんこんにちは!

Melk川崎officeのスタッフです

いよいよ冬本番が近づいてきましたね

寒さなどで体調を崩さないよう、

手洗い・うがいなど身近なことから体調管理に気を付けていきたいですね!

 

今回は先日行いました「報連相~抱え込まず、協力してこそ仕事人~」

というプログラムをご紹介いたします

報告・連絡・相談は、仕事をする上での基本行動です!

報連相は大切!と聞いたことのある方も多くいらっしゃるかと思います

ですが、なぜ報連相は必要なのでしょうか

このプログラムでは、改めて報連相の大切さを考えたあと、

実際に自分が報連相を行うときに不安なこと・その対応策を

グループで話し合い、意見の共有を行いました

 

早速、参加された方々に

「もし、報連相がなかったら、職場はどうなりますか?」と質問したところ、

「自分の作業が終わったことが伝わらなければ次に進めない」

「わからないことを一人で抱え込んでどうしたらいいかわからなくなる」

「指示やアドバイスをもらわず勝手に進めてしまうとミスにつながる」

など、様々な意見が挙がってきました

 

仕事は一人ではなく、上司や同僚、部下など誰かと関わりながら行うものです。

自分だけの判断で行動したり、仕事を完結させたりしてしまうと、

それが大きなミスやトラブルにつながる可能性が高くなります

ですが、報告・連絡・相談がしっかりされることで、

その時その時の状況が上司にしっかりと伝われば、ミスを未然に防ぐことができます

もしミスがあってもその段階ですぐに軌道修正が行えます

また、状況が上司に伝わることで指示やアドバイスがもらいやすくなり、

それが職場全体だけでなく自分自身の仕事のやりやすさにもつながってきます

仕事は周りの人と関わりながら行うものですので、

自分の中だけで完結させず、しっかりと報連相を行い状況を共有することが大切ですね

 

次に、実際に報連相を行うときの不安を軽減するために、

不安への対応策をグループで検討しました

その一例として、

「伝えたい内容をうまく相手に伝えることが難しい…」

といった不安が挙がりました

内容がまとまらないなど、相手に伝えるのは難しいですよね

 

では、どのようにしたらうまく相手に伝えることができるか、

皆さんで意見を出し合いながら検討したところ、

「メモにまとめて頭の中の内容を整理してから伝えるようにする

「自分の困っていること=主観と、現在の客観的な事実を分けて伝える

といった対応策が挙がりました

 

相手にわかりやすく伝えるためには、まず自分の中で内容を整理する必要がありますね。

メモに書いて目に見える形にすることで、複雑な事柄も整理しやすくなるのではないでしょうか

また事実と自分の考えを分けて伝えることで、

聞き手は今の状況とその人が悩んでいるところがわかりやすくなるため、

的確なアドバイスをもらえることにもつながってきますね

 

プログラムを終えて、参加された方からは、

「これからはメモにまとめて伝えることを習慣にしていきたい

「一人で抱え込んではいけないと感じたので、しっかり相談していくようにしたい

といった感想が挙がりました

報連相は職場でのコミュニケーションでもあり、

しっかりと報連相できることで、それが仕事のやりやすさだけでなく

円滑な人間関係にもつながってきます

今のうちから報連相を意識して行い、習慣にしていきたいですね

 

このように、川崎Officeでは就労に必要なスキルや

就職した後に活用できる様々なプログラムを行っています。

川崎Officeに興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご連絡ください

 

◆◇Melk川崎Office◇◆

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎9F

JR川崎駅 東口 徒歩4分

京浜急行 京急川崎駅 中央口 徒歩1分

TEL:044-280-6967

FAX:044-280-6968

 

 

 

 

 

川崎Office
  • TEL 044-280-6967
    FAX 044-280-6968
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)