Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

湘南辻堂Office ブログ

2016/10/15 湘南辻堂Office

面接シミュレーション

みなさん、こんにちは
Melk湘南辻堂Officeスタッフです

10月に入り、涼しい日々が続いていますね。
夏の暑さや冬の寒さと違い、過ごしやすい秋です。
とは言え季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆様もお気を付けください

 

今回は、湘南辻堂Officeにて行われたプログラム

面接シミュレーション~障がいの配慮点について~

をご紹介したいと思います

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「こちら(企業側)で配慮すべき点はどういったものがありますか?」

 

この質問は、障がいを開示して行う企業面接で、必ずといって良いほど聞かれるものです
これは、障がいにおいて

自分が仕事を無理なく、円滑にできるようにするために必要な配慮を
企業側に説明するものです

 

こうしてもらうことで、無理なく業務に取り組める
こうさせてもらうことで、円滑に仕事ができる

 

…など、その内容は障がいや個々によって、違ってきます。
ご自身の事をしっかり説明できることで
一緒に働く仲間として、お互いが気持ちよく仕事をしていくための材料となります

冒頭でもお伝えした通り、その『障がいについての配慮点』を伝える前に
必ず必要になってくることが

 

自分の状態を把握することです

 

自分自身をきちんと知っておかないと、この『配慮点』は説明できませんよね

そこで今回の面接シミュレーションでは
配慮点をきちんと伝えるための実践練習

ロールプレイを行いました。ですが

「自分の配慮点ってなんだろう…?
「まだ、自分自身のこと、ちゃんとわかってないかも…

という方もいらっしゃるかと思います
そのため、今回のロールプレイでは

最初にご自身の障がいについて個別にまとめる時間をとり
実際に練習してみました。

今月は、各地で障がい者就職面接会も開催されるため
意識するポイントは人それぞれでした

 

例えば
すでに面接をイメージして訓練されている方👉本番と同じような環境で面接を受ける訓練

これから面接をイメージして訓練される方👉他の方の受け答えを参考にする

 

このように、就職までの段階によって訓練のポイントも変わってきます。

参加された方々からは

 

「とても緊張しましたが、姿勢を意識して丁寧な動作を心掛けられました
「他の方からアドバイスもいただけてありがたかったです
「もっと自己分析をしっかりやっていこうと思いました

 

などなど、これまでの訓練の成果や、今後の課題となる気づきにもつながった様子でした

 

今回、湘南辻堂Officeより紹介したプログラムは、『面接シミュレーション』でしたが
『必要な配慮点』について、より詳しくお伝えする内容のプログラムもあります
もちろん、人それぞれ内容は違いますので
個別での訓練時間を通してご相談も受けております
働きやすく、幸せな就労生活を送ることができるようにするためにも
まずは自分自身ときちんと向き合って、しっかりと自分を知っていくことが大切です。

 

このようにMelk湘南辻堂Officeでは
就労に向けて必要なスキルを身に付けていただくために、様々なプログラムを行っています
ご興味をお持ちいただいた方は、まずは一度ご連絡をください
スタッフ一同、お待ちしております。

湘南辻堂Office
  • TEL 0466-53-7231
    FAX 0466-53-7232
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)