Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

湘南辻堂Office ブログ

2017/06/08 湘南辻堂Office

つらい気持ちが楽になる(認知行動療法)

皆さんこんにちは!Melk湘南辻堂Officeスタッフです。

6月に入りこれからますます暑い季節になりますので、体調にはお気をつけてお過ごしください

 

さて、今回は「つらい気持ちが楽になる!認知行動療法」というプログラムの紹介をさせていただきます!

 

認知行動療法とは、人それぞれ違った「認知」というフィルターを通して、出来事を判断していくことから始まります。

例えば

「昨夜、友人にメールを送ったが、返信がない」

この出来事に対して、

「嫌われているのかもしれない」と落ち込む

「早く寝てしまったのかな」とあまり気にならない

皆さんはどちらを感じますでしょうか。

この感じ方の違いは「認知」の違いから起きるものです。

また、その「認知」は「行動」と密接にかかわっており、認知が変わることで行動が変わったり、行動が変わることで認知が変わります。

このような”考え方のクセや感情”に気付き、つらい気持ちを軽くしていくことが認知行動療法です

 

認知行動療法の中の考え方のひとつとして、人には「自動思考」と呼ばれる、その場でパッと考えが浮かぶことを繰り返し行っています。

自動思考の中には、認知のゆがみと呼ばれる代表的なパターンがいくつかあり、代表的な認知のゆがみとしてあげられるのは

全か無か思考(100%うまくやらなければ失敗だと考えてしまう)

例;今月の売上成績が達成できなかったから、自分は会社から必要とされていない人間なんだ…

すべき思考(「~ねばならない」「~すべき」と強く思い込み、過度なプレッシャーをかけたり、自分や他人を追い込む)

例;学生は勉強を真面目にやらねばならないから、自分も周りも手を抜かずに勉強をしなくてはいけない

個人化(自分に関係のないことでも、よくないことを自分のせいとして考えてしまう)

例;お客様から商品のクレームが入ったのは私が丁寧な接客をしなかったからだ

 

などがあります。今回は一例としてあげましたがこういった認知のゆがみに気付くことで、自分の気持ちを楽にすることができるのです

認知行動療法は医療機関で良く用いられるものですが、ご自身で取り組むことのできる療法として重宝され、書籍やアプリも出ています。

このプログラムを通して

・考えが整理された

・自分がこういう風に思っていることに気付いた

・感情っていろいろあるんだとわかった

などの利用者さんの声をいただきました。

今後もシリーズ化していく予定です。次回は新しい認知が本当に正しいのか、行動で証明する方法をお伝えしていく予定です。

 

就職活動では、皆さんの考え方やストレスの状態などについて質問されることもあります。

認知行動療法を通してご自身の認知のゆがみに気づくことは、ツラい気持ちが楽になるだけでなく

自己分析の効果もあり、就職活動の一役にもなります♪

 

Melk湘南辻堂Officeでは

就労に向けて必要な準備をしていただくために、様々なプログラムを行っています。

ご興味をお持ちいただいた方は、まずは一度ご連絡をください。

スタッフ一同、お待ちしております。

 

湘南辻堂Office
  • TEL 0466-53-7231
    FAX 0466-53-7232
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)