Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

関内Office ブログ

2017/11/08 関内Office

【就活講座】業種別求人数の今昔比較

皆さんこんにちは!

Melk関内Officeスタッフです。

 

この頃すっかり秋らしい気候になってきましたね。

雨の日も多く、過ごしにくさを感じていらっしゃる方も多いかと思います。

皆さま体調にはくれぐれもお気を付けください。

 

さて、今回はMelk関内Officeで実施した【就活講座】についてご紹介いたします。

 

障がい者雇用に関する社会情勢などは、年が変わるごとに変化していきます。

「昔と今では、出てくる求人の種類は違うんですか?」

「やはり最近はPCを使う仕事しかないんでしょうか?」

……などは、利用者さんからよく伺うお悩みでもあります。

 

この【就活講座】では、昔と今の就労環境の変化を知っていただくとともに

訓練や就職活動を進める中で「どのように計画・行動していけばいいか?」を判断する材料を得たり

就労への意識向上に役立てていただくことを目的としました。

 

プログラムでは、地域ごとの業種変動や

バブル時代から現代までの業種別労働人口の推移をお伝えすることで、

時代ごとの違いや差を感じていただきました。

 

例えば製造業だけでも、労働人口は1603万人(1992年)→998万人(2012年)に推移しています。

業種によって、労働者の受け入れ人数に幅があることが分かりますね。

もちろん、地域によっては工場がないところもあります。

そのため、製造業に就きたい方は、地元付近での就労だけを目指そうとすると

なかなか求人が見つからない……ということにもなりかねません。

 

十年前と現在では、求められる労働力の傾向が変わってきています。

機械化が進んだ今、手作業での労働・求人は減ってきており、

PCを使った業務のニーズが増えてきている……といった現実は、その最たるものですね。

 

・昔に比べて求人が少ない職に就きたい方は、求人検索の条件を広げるといった工夫をする

・求人が多い職はライバルも多い可能性が高いので、アピール方法や書類作成に力を入れる等の工夫する

 

……など、就活するうえでの重要ポイントにも違いが出てくるかもしれません。

現在の社会的背景や就活傾向を知ることで、ご自身に求められる準備が何なのか、考える材料としたいですね。

 

利用者の方からは、

「意外にこういった内容を知る機会もなかったし、参考になった」

「漠然としたイメージだけだと行動しづらいが、現在の社会的な状況を考えることで

 就職活動するうえでのポイントが分かって良かった」

……とご好評いただきました。

 

ご自分に合った職場環境でのびのびと働いていくためには、

【自分の希望】と【企業の求めるもの】の両面を重視していくことが大事ですね。

 

Melk関内Officeでは、ビジネスマナーや就職活動に関するプログラムなど

皆さんお一人お一人の「やりたいこと」を応援する、様々な訓練内容をご提供しております。

ご興味のある方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせ下さい!

スタッフ一同お待ちしております。

関内Office
  • TEL 045-264-9479
    FAX 045-264-9480
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)