Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

関内Office ブログ

2018/01/30 関内Office

障がいを開示して働くこと

皆さんこんにちは!

Melk関内Officeスタッフです。

 

新年になり、非常に寒い日が続きますね。

風邪やインフルエンザが流行っておりますので、皆さま体調には充分お気をつけください。

 

さて、今回はMelk関内Officeで実施いたしました

【障がいを開示して働くこと】のプログラムをご紹介します。

 

このプログラムは、

・自身の障がいを企業に開示して働く = オープン就労

・自身の障がいを企業に伏せて働く = クローズ就労

それぞれのメリット・デメリットや事情を知ることを目的としています。

 

どちらが正解というものではなく、どちらを選ぶべきかは人によって異なります。

とはいえ、「ではオープンとクローズで何が違うのか?」ということを理解していなければ

自分にどちらの就労が合っているかを判断することもできませんよね。

 

今回のプログラムでは、【どちらにするか?】を決めることはしていません。

Melkを利用して就職されていった方の事例を紹介しながら、

まずは「それぞれの特徴を知る」といったことを重視していただきました。

 

これまでクローズ就労の経験しかなかったという方は、

「オープンの場合は通院などの理解や配慮が得られやすくていいですね」

といった感想を仰っていました。

 

また、

「クローズであれば職種の幅も広がるので、やりたい仕事に就きやすいかもしれないですね」

と仰る方もいらっしゃいました。

 

そして、オープン・クローズのどちらでも、Melkの定着支援を受けられますが

オープン就労の場合は、Melkと企業が連携してその方の就労定着をサポートできるのに対し

クローズ就労の場合は、Melkが企業に連絡を取ることはできません。

この点を重視されている方も多かったように思います。

 

いずれにせよ、どういったポイントを重視するかは、やはり人それぞれです。

過去の事例や企業の考え方などを参考にしながら、

ご自身に適した就労方法を見つけていっていただければ……と思っております。

 

Melk関内Officeでは、他にも就職に役立つプログラムや訓練内容を多数ご用意しております。

少しでも興味を持たれましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

Melk関内Officeスタッフ一同、お待ちしております。

関内Office
  • TEL 045-264-9479
    FAX 045-264-9480
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)