Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

目黒駅前Office ブログ

2016/11/15 目黒駅前Office

ストレスと上手に付き合おう~その2~

皆さん、こんにちは
Melk浜松町Officeのスタッフです

朝晩の冷え込みが強くなってきましたね
羽織るもので調整して、風邪をひかないように気を付けていきたいですね

 

 

18858e0432c69a9b1ad173ed5bb5bec8a900e95b9b525ad708pimgpsh_thumbnail_win_distr

写真は、先日ウォーキングで行った公園の写真です

紅葉も始まっており、お天気も良くて、空気も澄んでおりとっても気持ちよかったです

 

さて、今回は「ストレスと上手に付き合おう」の第2弾です

前回、ストレスとはエネルギーの発生状態であることをお話しました。

 

ここで少し復習をしましょう

Aさんは明日、就職の面接があります。

「明日は面接だ
(何を聞かれるんだろう・・・。面接官はどんな人だろう・・・。)
「なんだか胃がキリキリしてきたな

Aさんは面接に不安を感じ、胃がキリキリと痛む様子。

上の例で、ストレスがどれにあたるのか、皆さんはもうお分かりですよね

胃がキリキリ痛む」=ストレスです

この胃がキリキリ痛む原因が「面接」ですが、前回はこの原因を「不快な刺激」とご紹介しました。

では、この「不快な刺激」のことを何と呼ぶのでしょう?

 

皆さんが普段、ストレスと呼んでいる「不快な刺激」は、正確には「ストレッサー」と言います

上の例で使うとしたら・・・
「明日の面接、ストレスだなぁ。」→✖
「明日の面接、ストレッサーだなぁ。」→〇 となります

 

 


 

ストレッサー(ストレスの原因になる不快な刺激)は
1.物理的ストレッサー:暑さ、寒さ、騒音など
2.科学的ストレッサー:酸欠、栄養不足など
3.生物学的ストレッサー:ウイルス、病原菌の侵入など
4.社会・精神的ストレッサー:人間関係、経済状態など

 

に分けることができます

 


皆さんは、どのストレッサーを感じることが多いでしょうか?

ひとそれぞれ、ストレッサーに感じる部分は違うものです。

自分自身がどんなことがストレッサーになるのか?

を理解することは、ストレスと上手に付き合う上で大切な第一歩です

ぜひ、普段の生活や、今までの傾向を振り返ってみてくださいね。

 

 

さて、今回は「ストレッサー」についてご紹介しました

次回は、「対処法」についてお話していきたいと思います

 

それではまた次回にご紹介させて頂きますのでお楽しみに

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

浜松町Officeへの見学・相談は随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください

↓道順を紹介したブログです

JR京浜東北線・山手線浜松町駅からのアクセス方法

都営大江戸線・都営浅草線 大門駅からのアクセス方法

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

 

目黒駅前Office
  • TEL 03-6452-8669
    FAX 03-6452-8670
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)