Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

サービス紹介

就労移行支援とは

障害者総合支援法で定められた「指定障がい福祉サービス」です。
障がいのある方が就労に向けトレーニングを行い、社会に必要な知識やスキルを習得し、就職後、職場に定着できるよう支援することを目的としております。

具体的なサービス

就労支援

ご利用者のできること、苦手なこと、好きなこと、嫌いなこと等を、行動観察、面談、模擬就労、職場実習等を通じて把握し、ご自身のご希望を踏まえた上で職業準備性を高める訓練を計画し、実行する支援をしていきます。

就労支援プログラムの運営

ご利用者の職業準備性を高めるため、強みを伸ばしたり、課題を解決する多種多様なプログラムを提供します。

プログラムには全Office共通で提供する標準プログラムと、各Officeがご利用者の必要性に合わせて作成し、実施する独自のプログラムがあります。

スタッフのこれまでのスキル・経験を活かしてオリジナルのプログラムを作成しています。

個別支援計画の作成

ご利用者の目標からブレイクダウンして3ヶ月毎に個別支援計画を作成します。

3ヶ月後にどのような姿を目指すのか、現状とのギャップはどこにあり、そのためにどのような訓練を行い、スタッフはどのようにサポートするのか、を決めて日々の訓練に臨みます。

個別訓練の支援

個別支援計画に基づき、ご利用者は日々、どのような訓練に取り組むかを決めています。

スタッフは訓練内容を把握し、ご利用者の状況を見守り、適切なタイミングでアドバイスをすることで、訓練の質を上げていきます。

就職活動の支援

訓練を通じて職業準備性が高まってきた方は、就職活動に入って行きます。

自己分析、応募条件検討、企業研究、ハローワーク求人の検索、応募資料作成、志望動機・自己PRの書き方、面接トレーニング、面接同行等、プログラムや個別訓練、個別面談等で就職活動の支援を行います。

行政機関や関連機関、企業との連携

ご利用者が安定して効果的な訓練を行えるよう、医療機関、行政、関係機関等と連携を取りながら継続的な支援を行います。

また、実際の職場体験ができるよう、企業と連携して職場実習を受け入れていただく企業との連携を広げています。

社内には企業実習等を開拓するリレーション・クリエイターや、行政や医療機関、支援機関との関係構築を行うスタッフ(社内ではリレーターと呼んでいます)を配置し、さまざまな形で関係機関との連携を進めています。

定着支援

就職はゴールではなく、スタートです。ご利用者が就職後、定期的な面談や電話フォロー、職場訪問等を行い、同じ職場で長く働けるよう継続的なサポートを行います。

職場に定着して自立ができていくに従い、Melkの関与度は下げていきます。

 

随時見学、相談も行っています。お気軽に各Officeまでお電話や下記問合せフォームなどでお問い合わせください。
  • 見学の申し込み
  • 資料請求