Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

スタッフインタビュー

Officeマネージャー

横田 真佑美
価値観をすり合わせ、Office一丸となって支援。トレイニーさん一人ひとりのニーズに応えていきたい。

Melkの入社の経緯を教えてください。

卒業後、飲食業界や介護業界で経験を積んできました。これまでも人と接する仕事をしてきましたが、もっと人の可能性を広げるような仕事をしてみたいと考え、転職することにしました。転職活動中に求人サイトなどで情報を探している中で、就労移行支援事業の存在を知りました。Melkに入社を決めた理由は、「人」ですね。面接の際に、「Melkの仕事のやりがいは何ですか?」と質問しました。そうしたら、とても情熱を込めて、Melkの企業理念やOfficeでトレイニーさんがどのような活動をしているか、どのような想いでスタッフがどのように頑張っているかを語ってくれました。これほどまでに熱い想いを語ってくれる人がいる会社ならば、絶対に良い会社だと思い、入社を決意しました。

入社後の業務内容を教えてください。

最初は、トレイニーさんの支援スタッフとして配属されました。その後、三ヶ月ぐらいでエリアマネージャーにもフォローしてもらいながら引き継ぎを受けて、マネージャーになりました。

初めての就労移行支援事業で、難しいと感じたことはありましたか?

介護業界のスタッフ、管理職も経験していますので、基本的な業務についてはスムーズに進めていくことができたと思います。しかし、最初に葛藤があった点もありますね。たとえば、前職では病気で心理面が不安定な方と接することはありましたが、精神障がいのある方の対応はしたことがありませんでした。ですから、お伝えすべきだと思うことがあっても、「どこまでお伝えして良いのだろうか?」「気持ちが伝わらずに、嫌な思いをさせてしまうのではないか」と迷いや不安もありました。今、思い返せばトレイニーさんに対して、必要以上に丁寧で優しすぎたと言えるかもしれません。しかし、就職先となる企業の方といろいろお話をしていくうちに、自分なりの対応の軸が確立できたと思います。Melkの就労支援事業は、トレイニーさんが就職して、働き続けていただくことを目的としています。その目的やトレイニーさんの目指すゴールの達成のためには、その時は多少厳しく受け止められたとしても、お伝えすべきことがあると思います。例えば、休まずに来る、挨拶をする、報告・連絡・相談するなどは、仕事をしていく上では、障がいとは関係なく大切なことです。その後は、信頼関係をきちんと作り、お話をお伺いした上で、気になった点をお伝えしています。感じたことを誠実にお伝えするという自分なりのスタンスが見つかってからは、より効果的なサポートができるようになったと思います。

Officeマネージャーとはどのような役割でしょうか?

マネージャーの役割は、Officeの経営管理全般です。企業理念や経営計画を踏まえて、どのようなOfficeを作るのかを明確にし、スタッフに共有し、適切に運営することが求められます。スタッフの育成や業績の管理も含めて、目指す姿を実現するために、必要な様々な活動を企画、推進していきます。プログラムの内容は、サービス管理責任者と担当メンバーが企画を進めていきますが、実施前には、トレイニーさんの役に立つ内容となっているか、また伝わりやすいか、などの観点でフィードバックします。プログラム後には、トレイニーさんの反応を見ながら、必要に応じて個別でのフォローの指示や、プログラムのブラッシュアップ視点を伝えながら、全体の改善を進めていくような関わり方をしています。また、行政からのご案内でMelkの存在を知っていただくケースもありますが、就労移行支援事業の存在を知らない方も、まだまだいらっしゃいます。お一人で就職活動をしている方にMelkを知っていただくために、対外的な広報活動も行っています。

Officeマネージャーとサービス管理責任者の役割分担は?

マネージャーは、Office経営に関わる全般の責任を負い、サービス管理責任者は、福祉サービスとしての品質管理を担っていますが、毎日細かく情報共有しながら仕事を進めています。マネージャー、サービス管理責任者、スタッフが一体となって活動することでOfficeとしての支援力が高まり、結果として経営の安定につながっていくと考えています。

浜松町Office 横田 真佑美

いつも心がけていることはありますか?

トレイニーさんやスタッフを「きちんと観察する」ことは徹底しています。そして、そのためにも「余裕がある状態を保つ」ように心がけていますね。少しの「遊び」があるからこそ、きちんと観察をしてその後に冷静な判断ができるのだと思います。

Melkで提供しているサービスは、パターン化されたものではなく、トレイニーさん一人ひとりの状況に合わせた内容です。ですから、各トレイニーさんのニーズを拾うことが大切ですし、それが、私たちの誇れるサービスの在り方です。

Melkでやりがいを感じるのはどのような時でしょうか?

マネージャーとして仕事をする中で、ますます、やりがいを感じています。一つは、トレイニーさんが、壁を乗り越えるサポートができた時です。表情が硬く緊張していた方が、何度か通所する中で、表情が変わってくるのを見ると、とても嬉しいです。また、Officeのメンバーがそれぞれの得意技や個性を活かして、チームとして支援ができてきているという手応えを感じることも増えてきました。メンバーと同じ方向を向いていると実感できることで、より良いサービスをご提供できるように、もっと頑張ろうという気持ちになります。

Melkで今後チャレンジしていきたいことは何ですか?

働いているスタッフが、働いていることをもっともっと誇りに思えるような会社にしていきたいですね。10以上のOfficeがある中で、それぞれのメンバーが様々な成功事例、失敗事例を経験しています。成功も失敗も共有することで、トレイニーさんにご提供できる引き出しも増えていきますよね。価値観のすり合わせをしながら、お互いの気づきをしっかり共有できるような場を作っていきたいですね。

最後に、好きな言葉を教えてください。

浜松町Office 横田 真佑美

高校の剣道部の先生がくださった「チャンスは必ずある」という言葉です。強豪校との試合で、「実力も違うし、負けるよね…」という気持ちになりかけた時に、先生が「チャンスは必ずある」と言ってくださいました。チャンスに手を伸ばすことができるかどうか、で次が決まってきます。そして、常にチャンスを掴む準備のできている自分でいたいとも思います。そのような気持ちさえあれば、チャンスは誰にでもめぐってくるのではないかと思います。