Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

利用者の声

30代男性(精神障がい)の事例

 
 
 

行動することの大切さ 踏み出した先にある希望


就職者
物流業(事務職)に就職
通所期間:2年0ヶ月
30代男性(精神障がい)

外への扉を開けてみて想うこと

就労移行支援事業所Melkに通うきっかけは、両親からの勧めでした。以前は企業に勤めていましたが、体調を崩して退職して以来、2年間静養しながら通院する日々を送っていた時のことです。「就職へのステップアップのために通ってみてはどうか」という提案を受け、年齢を考えると今行動しなければと思い、一歩を踏み出すことにしました。

Melkには週3日から通い始めました。静養してからの2年間はあまり外出をしていなかったので、体力も落ちており、毎日通えるか不安だったからです。
そのため、Melkの通所がない日でも、できるだけ予定を入れることを心掛けました。自分で用事を作り買い物や外食に出かけることで、徐々に体を慣らしていきました。

Melkスタッフはいつも気に掛けて話しかけてくれたので、コミュニケーションの訓練にもなりました。プログラムも充実していて、特に「パソコン講座」「ビジネスマナー講座」「模擬就労(実際の職場を想定した模擬業務についてグループで取り組むプログラム)」が印象に残っています。パソコンの訓練では、ExcelやPowerPointの勉強ができたことが、就職後の今も役に立っています。また簿記3級の資格取得にも挑戦し、合格したことで自信にも繋がりました。

大切なのは、自分から進んで行動すること

現在の仕事は、Melkの紹介で企業実習(実際に企業で働いてみることで、働く上での課題を再認識しながら、自分に合う仕事や働き方を考える実習プログラム)に参加したことがきっかけとなり、就職しました。もともと事務職を希望しており、希望とする職種に就職が決まった時はホッとしたことを覚えています。

現在は、週5日10時~17時の時間帯で勤務をしています。
仕事を始めたばかりのときは、配慮していただき「この作業はいつまでに」という期限は作らず、作業が完了したら上司に声をかけるという方法にしていただいたので、楽な気持ちで仕事に取り組むことができました。仕事内容は、主にデータ入力の業務に携わっており、Melkでの訓練を通して習得したExcelやPowerPointのスキルが実務に活かされていると感じます。

一からフォーマットを作成するなど、中には難しい業務もありますが、どうすればより良くできるかを考え、工夫しながら作業を進めることができると、達成感を感じます。
最近では扱う業務の幅も広がってきたので、作業の効率化も考えるようになりました。Excelでは関数を利用することで処理速度がアップするなど、分からない点は自ら調べながら進めていくことで、日々学びが得られます。
また、困ったことがあった時には、上司や先輩にその都度相談をしているので、安心して働くことができています。

まずはその一歩を踏み出そう!

“今、その状況から抜け出さなければいけない”と思った時は、“自発的に何かしら行動に移すこと”が大切だと思います。
いきなり資格取得に挑戦するなどはハードルが高いと思うので、まずは外に出て、歩いてみることから始めてみるのはいかがでしょうか。
それでも、行動に移すのが難しいと思った時には、周りの誰かに相談して、後押ししてもらうのもいいと思います。実際私も、両親の後押しがきっかけとなり、Melkで訓練を始めることができました。

また、働く上では、休憩や休日の過ごし方も大事なことだと思います。
私の業務は基本的に座ったままで行うので、正直、段々と疲れが出てきます。そんな時は、Melkでも実践していたように、体を動かす、トイレに行くなどの小休憩を取りながら作業しています。また、15時になると社内全体で体操を行うことがあり、皆さんと一緒に参加しています。
休日は、ゲームすることもありますが、一番の気分転換は、通所の時から続けている「散歩」です。自宅近くには公園もあるので、歩くのがとても気持ちいいです。何かと理由をつけて外に出ることによって、気持ちの波も安定しますし、体力づくりにもなると思います。

せっかく仕事をするなら、楽しくやりましょう! - 企業担当:E様より

Kさんには、データ入力やアンケート集計の業務をお願いしています。手作業も多いため、苦労を掛けていると思いますが、「1つのことを伝えると10にして返ってくる」ので大変助かっています。Kさんが働きやすい環境をつくるため、「データと指示は明確にすること」を心がけています。

業務を行ってもらう上では、できることからはじめ、次はどこまでできるのかをその都度話し合いながら進めています。そうすることでお互いの理解が増え、信頼関係の構築に繋がっていくのではないでしょうか。

Kさんには、どんどんスキルを磨いて欲しいと思っていますし、品質管理を行っている部署ですので、他の社員にも役立てる仕事を一緒にしていきたいです。せっかく一緒に仕事をするのですから、楽しくやっていきたいですね。

インタビューに答えてくださったKさん(右)と、企業のご担当者E様(左)。「困ったことがあった時にはその都度相談をしているので、安心して働くことができています」とKさん。

※記事内の画像等につきましては、ご本人様と企業様の承諾を得て掲載をしております。
※一覧の画像はイメージです。