Melk 無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

利用者の声

40代男性(精神障がい)の事例

 
 
 

課題と向き合い 目標設定することが 成長への道


精神障がい
サービス業(事務職)に就職
通所期間:1年1ヶ月
40代男性(精神障がい)

Melkとの出会い

「そろそろ自分のことを考えてみたら?」
親の言葉をきっかけに、再就職活動をはじめてみようと思いました。離職していた期間は8年間。その間は体調が思わしくなかった親の代わりに家事手伝いをしていましたが、体調が回復し家事手伝いの必要がなくなった、そんな時に言われたひと言でした。

ハローワークへ行き、複数の就労支援機関を紹介していただきました。そのうちいくつか見学に行きましたが、一番自分に合っていると思えたのが、就労移行支援事業所Melkでした。

Officeは落ち着いた雰囲気で、設備も新しく、快適に過ごせそうな印象でした。スタッフも気さくに話しかけてくれましたし、プログラム中には音楽が流れていて、リラックスした中で訓練ができそうだと感じたからです。

プログラム参加で適性を伸ばし、志望職種の幅を広げられた

Melkには週3日通うところからスタート。それまではずっと家にいたので不安なところもありましたが、自分のペースで通っているうちに自信がつき、週5日通えるようになりました。

「障がい」「離職期間」「年齢」を考えると、少しでも就職活動のプラスになる訓練をしたいと思い、通所期間中はWord やExcelの練習を重ね、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格を取得することができました。

画像はイメージです。

プログラムで思い出に残っているのは、体力づくりのために参加した「ウォーキング」や、土曜日の「余暇活動」です。余暇活動ではプラネタリウムやスカイツリーを見に出掛けました。また、「Melkまつり」(利用者さんが主体となって企画・運営するイベント)では、実行委員を務めさせてもらい、他のOfficeを利用中の方々も交えたグループワークを通じて意見をまとめていく過程が大変ではありましたが、とてもやりがいを感じました。

就職活動は、Melkからの求人紹介のほか、合同面接会に参加したり、WEBの求人情報を見たりして行いました。前職はエンジニアをしていたので、再就職先も初めはエンジニアを希望していたのですが、8年間というブランクもあり、色々と忘れていることもあるだろうと不安だったので、志望職種の幅を広げて就職活動を行いました。Melkのプログラムを通して、事務職も合っているのではないかと思い、現在勤務している特例子会社の事務職の求人を見つけ応募しました。

Melkでの経験は、今までにないものでした。トレイニーさん(Melkの利用者さん)やスタッフの経験や年齢もバラバラで、その中で過ごした時間はとても良い刺激になりました。
何から始めていいのか分からない時は、それを察してくれたスタッフが色々な訓練を提案してくれました。自分に必要だと感じたことを順にこなしていくことで、自ずと道が見えてきて、無理なく訓練を進めることができたと感じています。

「働いている」ということを噛み締めながら

現在の特例子会社に就職する決め手となったのは、障がいに対する対処法や配慮点について、自分自身が理解できているかどうかを大事に考えてくれる会社だったからです。
私は睡眠不足が原因で統合失調症を発症してしまいましたが、Melkでの訓練中に、どのような原因が睡眠不足を招いたのかについてスタッフと一緒に考えることができました。病気を知ることは、自分を理解するうえでの自信に繋がりますね。

また、職場の雰囲気については、仕事のやり方やスケジュール管理を社内のスタッフがフォローしてくれる体制があるので、仕事に集中できそうだと思い就職を決めました。

今は、「仕事をしている」ということで日々充実しています。
10時~17時までの6時間勤務で、通勤には1時間半ほどかかります。通勤電車の中で本を読んだり、音楽を聴いたりすると疲れてしまうので、特に何もせずに気持ちを整える時間にしています。

入社してまだ2ヶ月のため、現在は研修として様々な事務作業(テープ起こしやデータ作成など)を行っています。Melkで訓練したWordとExcelのスキルがとても役に立っているので、参加して良かったと思いますね。データ入力で目が疲れたと感じた時は、遠くを見て目を休めています。

画像はイメージです。

更なる成長を求めて

これから正式に配属となるチームが決まります。仕事をしっかり覚え、自分の課題を見つけて着実にこなしていきたいですね。そしてプライベートでも、日々の生活の中で生じる課題に向き合い、人間的にも成長していきたいと思います。

「先のことを考えて目標を立て、前に進む力が素晴らしい」
定着支援担当:Kさんより

HさんのMelk通所中の印象は、壁際の席で、毎日一生懸命MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の勉強をしている姿です。
いつもスタッフからのアドバイスを真摯に受け止めてくださり、実践につなげていらっしゃいました。寡黙ですが責任感があり、周りの方への配慮もできる方なので、Melkまつりの実行委員としても皆を引っぱりご活躍いただきました。

Hさんの一番の強みだと感じるのは、短期・中期・長期と目標をしっかりと設定し、順を追って課題解決をしていく姿です。本当に頼もしいと感じていました。

先日、定着面談で勤務先にお伺いし、Hさんが社内で作成した目標シートを拝見しましたが、とても分かりやすくまとめられていました。きっと、ご自分のやりたいことが明確にイメージできているのですね。

これからも、Hさんが笑顔で働き続けていけるように、全力で応援していきます!

定着支援担当スタッフのKさんは、「しっかり目標を立て、行動に移す姿が素晴らしい」とHさんの強みを語ってくれました。

※記事内の画像は、ご本人様の承諾を得て掲載をしております。