Melk 障害者の就職を支援

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

町田駅前Office ブログ

2019/05/08 町田駅前Office

コミュニケーションプログラム~論理的な話し方のコツ~

こんにちは。町田駅前officeのスタッフです!

いよいよ平成が終わり、令和の時代が始まりました!

どんな時代になるのか、なんだかドキドキしますね。(^-^)

さて、今回は先月行ったコミュニケーションプログラムをご紹介いたします!

テーマは「相手に分かりやすく伝えるために論理的に話すコツ」です。

みなさんは、これまでのご経験で自分の言いたいことが

相手に上手く伝わらなかったことや面接で自分の長所を上手に話すことが

できなかったことはありませんか?

プライベートなら時間をかけて話すことができても、お仕事では時間が限られているため、その中で自分の用件を相手に正確に分かりやすく伝えることってとても重要ですよね。

そこで今回のプログラムでは、相手に分かりやすく伝える話法として、

PREP(プレップ)法、ホールパート法、SDS法の3つをお伝えしました。

簡単にご説明すると1つ目のPREP法(プレップ)は、

結論(point)→理由(reason)→具体例・データ(example)

→結論(point)という順番で話す話法のことを指します。

利用者の方には、下記のように具体例を提示しながらお伝えしました。

2つ目のホールパート法は、ホール(話の全体像・話の項目数)→パート(話の具体的ない事例)という順番で話す話法のことです。話す内容がいくつかある時に適した話法です。

3つ目のSDS法は、要約→詳細→要約という順番で話す話法のことです。結論を先に述べて、相手の興味を惹きたいときに適しています。

利用者の皆様には、それぞれの技法に基づいて、こちらから指定したテーマに沿って話を組み立てていただきました!

実際にプログラムに参加された方からは、

「分かりやすく伝えるコツが分かった、まずはスタッフとの面談の中で、PREP法を用いて話してみたいです。」

「近々、採用面接があるため、今回学んだホールパート法を使って長所や苦手なことを説明したいです。」

という感想をいただきました!

Melkでは、今回のようなコミュニケーションプログラムの他にも、セルフマネジメント系、PCスキル向上、就職活動系など様々な種類のプログラムをご用意しています。

ぜひお気軽に下記の連絡先までお問い合わせください!

スタッフ一同お持ちしております♪

 

就労移行支援事業所 町田駅前Office

町田駅前Office
  • TEL 042-850-9161
    FAX 042-850-9162
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)