Melk 障害者の就職を支援

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

町田駅前Office ブログ

2019/09/09 町田駅前Office

障がい特性をカバーする働き方ってどんな方法があるの?

こんにちは!

Melk町田駅前Officeのスタッフです。

暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

町田駅前Officeでは、暑さに負けずに日々訓練に臨んでいます!

さて、今回ご紹介するプログラムは…

「障がい特性をカバーする働き方

  ~日常生活・報連相・メモ取り編~」です!

「忘れ物をしてしまう」「報連相ってどのようにすればいいのか」「周りの音が気になって仕事に集中できない」など、働いていると一人ひとり悩みが出てくると思います。

一部ではありますが、これらの悩みに対し、どのようにすればカバーができるのか考えていただく内容になっています。

このプログラムで取り扱う内容は、次の資料の★マークの部分になります。

「自分にも当てはまるかも…!」と思った内容はありましたか?

今回は、プログラム内で共感の意見が多かった

「要点だけ聞き取りメモを取るのが苦手」をご紹介します!

仕事の指示を聞くとき、電話に出るときなどメモを使って内容を覚えます。

しかし、どのようにメモをとればいいのか悩んだことはありませんか?

次の資料でおすすめの方法をお伝えします。

メモとりに対する苦手をカバーする方法として、

あらかじめフォーマットを作っておくことが有効です!

この方法なら話を聞きながら必要な部分をきちんと書くことができますね!

障がい特性上苦手なことは、自分の努力だけではなく、

うまく物を活用することで苦手をカバーし、働きやすい環境を作ることができます。

企業側に障がいを開示して働くオープン就労、障がいを開示しないで働くクローズ就労でも、働く前に自分の苦手を知っておくことは、スムーズに業務に取り組むうえで大切になります。

特に、オープン就労では面接時に苦手なことや配慮点を企業側に伝える必要があるため、事前に把握しておく必要があります!

そのため、このプログラムでは皆さんが苦手を把握する、または苦手に対するカバー方法を探すきっかけづくりになっています。

自分の苦手なことが分かっていて、カバー方法も作れていると、自分だけでなく企業側も安心ですね!

このプログラムに参加された方からは、

「メモすることが苦手だったので、対処法を知ることができてよかった」

「苦手をカバーするには、自分の努力や職場からの配慮だけではなく、道具を使うこともあると知り、様々な方法を試してみたくなった」

という感想をお聞きしました。

スキルは少し自信がないけれど、働きたい気持ちは持っている!という方、

このプログラム以外の事例が気になった方など、

皆様からのお問い合わせ・見学をスタッフ一同心よりお待ちしております!(^^)!

 

就労移行支援事業所 町田駅前Office

町田駅前Office
  • TEL 042-850-9161
    FAX 042-850-9162
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)