Melk 障害者の就職を支援

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

調布Office ブログ

2019/03/28 調布Office

本日のプログラム「職場で求められるマナー~勤怠編~」

こんにちはー!!

このブログを書いている隣で、別のスタッフ2名が「カレーを作るには何がどれくらい必要で、どういった手順で、どういう役割分担で…」と真剣な顔で話し合っております。…今日の晩御飯の相談じゃないですよ!後日行うプログラムの打ち合わせです。何だかおなかが空いてきました。

 

本日のプログラムは、「職場で求められるマナー 勤怠編」でした。

・勤怠に関するマナーを理解する

・就労してから勤怠マナーを実践できるように、今から取り組むことは何かが明確になっている

こういった状態になっていただく、というのが今回のプログラムの目標です。

 

「マナー」という言葉、ご存知かと思います。「電車内では通話はお控えください」とか、「店内では大きな声での会話はご遠慮ください」等々。これらは「マナー」と呼ばれ、様々なところで様々な方法でアナウンスされています。

さて、ここで問います。「マナーとは何か」…!?

 

■「ルール」と「マナー」の違い??

人が集まる場所ではどこでもルールやマナーを守ることが求められますが、今回は、職場での「勤怠」でのマナーについて参加者のみなさんと一緒に考えました。

 

9:00始業の職場であれば、9:00から仕事を始めるのは「ルール」です。

では、9:00始業なのに、ほぼ毎日8:59に職場に到着する人がいるとします。急いで準備をすれば9:00に仕事を始められるかもしれませんが、職場の人がその状況を見てどう感じるでしょうか。あなたなら、そういった人を見てどう思うでしょうか。

 

また、“電車遅延で9:00に間に合うかわからない”といった状況で、走ればギリギリ間に合う!と判断するか、「遅れてしまうかもしれない」と職場に電話をするか…職場の人はどうしてもらいたいでしょう?自分以外の同僚が始業時間近くになっても出社していないとき、あなたならどんなことを考えますか?

 

なんとなく、ルールとマナーの違い、見えてきましたでしょうか。

冒頭の「マナーとは何か」という問いの答えも、あと少し考えてみると明確にできそうです…が、続きはプログラムの中で!(笑)

 

■なぜ必要なのかを知り、「行動」をイメージする

これまでの経験や実際に就業するときの不安点、「こうすればうまくいくのでは」などをグループワークで話し合いました。「職場に“暗黙のマナー”があった場合どうすれば…」という難しい疑問も挙げられました。答えは1つではありませんが、「こうすればいいかもしれない」というイメージが1つでもできれば、具体的な行動に移すことができますし、実際にやってみて、「次はこうしてみようかな」と次の行動にもつなげることもできます。

 

ルールは会社によっても違いがありますが、基本的なマナーはメルクに通所する中で気付いていくことができます。

マナーは周りの人のためにある配慮です。メルクでぜひ気づきを共有してみませんか?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆皆様からのお問い合わせお待ちしています☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【電話お問い合わせ】

電話:042-444-4169(受付時間 月~金 9:00~18:00)

↓↓↓ こんな感じで気軽にお電話ください◎

・「〇〇と言いますが、ブログを見て興味を持ちました。詳しく話を聞けますか?」

【Mailお問い合わせ】

Mail:choufu-staff@melk.co.jp

↓のテンプレートをコピー&ペーストして、お名前と希望連絡時間を入力して送信でOKです◎

・「〇〇と言いますが、ブログを見て興味を持ちました。詳しく話を聞けますか?

希望の連絡時間は△△:□□頃です。よろしくお願いします。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

一人ひとりの無限の笑顔を想像し、創造し、創出し続ける   株式会社Melk

 

就労移行支援事業所 調布Office

調布Office
  • TEL 042-444-4169
    FAX 042-444-​4170​
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)