Melk 障害者の就職を支援

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

川越Office ブログ

2019/09/09 川越Office

週一で模擬就労に挑戦!

残暑という割には、いまだ本気の夏という感じの9月初旬ではございますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

朱き夏とは一転して、落ち着いた白き秋のごとく我々Melk川越Officeのトレイニーは、入力作業に取り組んでいました。

今回は先日行われた「模擬就労・事務」についてご紹介したいと思います。

模擬就労というのは、実際の職場を想定してチームないし個人で、事務作業軽作業に取り組むプログラムのことです。※事務作業や軽作業は月ごとに代わります。

この月のプログラムの内容は、個人で下のようなデータを50件入力するというものでした。

入力する際に、いくつかの追加作業がスタッフから出されました。今回は一部抜粋してご紹介します。

課題

①入社年月日、生年月日、年齢、通勤手当の項目は削除すること。

部署名最寄駅から定期代、交通費を算出すること。

③定期代が上限額を超える場合は、上限額を適用すること。

その他にも、様々な追加作業を指示の通りに行い、完成を目指すのがこの日の作業でした。

模擬就労のコツというのは、知識判断する力です。

例えば事務作業の場合。

エクセルを用いるときは、どの操作をするのか、関数を使うのかという知識が必要になります。

そして、模擬就労をしていると「あれ、これなんだっけ?」という場に直面します。この時、迫られる選択肢は、「ネットで調べる」もしくは「あきらめて手入力する」の2つです。

もちろん、ネットで調べるということもできます。しかし、簡単に出てこない時もあります。その時、あきらめて手入力するという選択ができるのが判断する力となります。

模擬就労というものは、アウトプットの場です。日ごろの個別訓練においてインプットした知識を使う場所です。このアウトプットの場で、よほどの自信がない限りインプットしている時間はありません。

模擬就労によって、自分の知識不足や時間的な判断力が分かる良い機会となります。ぜひ、体験実習などで体験してみてください。

Melk川越Officeでは、その他多くの個別訓練、プログラムも実施していますので、気軽に見学に来てみてください!

以上、Melk川越Officeトレイニーからでした。

ご清覧戴きありがとうございました。

 

就労移行支援事業所 川越Office

川越Office
  • TEL 049-257-4213
    FAX 049-257-4214
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)