Melk 障害者の就職を支援

お問合せ・お申込み

お問合せ受付コールセンター

お問合せ
TOP

武蔵浦和Office ブログ

2018/11/25 武蔵浦和Office

グループワーク「職場を想定した訓練とは 」

武蔵浦和オフィスがオープンして4ヶ月め。
毎日顔を合わせるみなさまも互いに打ち解け合い
リラックスされた様子でプログラムに参加され、様々なディスカッションを行っています。
そんな今日このごろ……。本日は、少し変わったプログラムを行いました。
その名も「職場を想定した訓練とは」です。
メルクは実際の「職場」ではありません。ですから、利用されているみなさまに「お給料」は発生しません。
だからこそ「訓練」そのものに集中が出来る環境なのだと考えています。
ですが、ご利用いただいているみなさまが「職場を想定する」という意識なく利用されているのだとしたら
訓練そのものが意味をなさなくなってしまいます。
今後、数人の支援スタッフに対し、ご利用いただいているみなさまの人数が増えていくと
より良い「オフィス環境やオフィスの雰囲気」というものは
利用されているみなさまおひとりおひとりの力をかりて作りあげていくことにもなります。
スタッフをはじめ「オフィスを利用する全員で雰囲気を作る」のです。
そういったことをおひとりおひとりに考えて頂くプログラムです。
「メルクで行っていること=実習先でも行う=就労先でも行う」ことへのイメージについて
「理想の訓練とは?」「理想の職場の雰囲気とは?」「自分達は何を訓練したいのか」
「ひとりで職場の雰囲気が作れるのか」「メルクで出来る訓練にどんなものがあるか」
また、日々スタッフが行っている仕事をみなさまに挙げていただき、その中で「職場を想定した訓練」として
みなさまが出来る仕事について考えていただきました。
驚いたのは「日々スタッフが行っている仕事」についてたくさんの項目が挙がったことです。
ドリンクサーバーの清掃・余暇活動の計画立案・お弁当の在庫管理・ごみ捨て・ホワイトボードの記入…
そしてスタッフひとりひとりが「どのような仕事をしているか」についても挙げていただきました。
こちらもたくさんの項目が挙がりました!
私たちがみなさまの訓練の様子を「見ている」とともに
みなさんも私たちスタッフの仕事ぶりを「見ている」ことに改めて気づきました。
そもそも「同僚の仕事ぶりを一人も見ないで仕事をする」ということの方が難しいということ。
見ている・見られている中で信頼関係が構築されていくこと。
「見ていない」ところで陰ひなた、仕事をしていることも時間の経過とともに積み重なっていきます。
そんな「陰ひなた」である、決して利用いただいているみなさまには「見せていない」仕事の項目まで挙がり
驚きました。
みなさまおひとりおひとりの思い・考え……。
もちろんそれぞれ「違い」があるのは当たり前で、それを尊重しあいながら
ご自身の気持ちをお伝えし、相談しあう。
私たちスタッフにもたくさんの気づきがあったのと同様に
みなさまにもたくさんの気づきがあったように思われました!
「職場を想定した訓練とは」
このプログラムは、4ヶ月が経過した今だからこそ出来る、そして
毎日顔を合わせる私たちにしか出来ない「訓練」でした。
「職場を想定し、どんなオフィスを作りたいのか」
「なりたい自分・やりたいこと・自分自身が作り出す職場の雰囲気について」
武蔵浦和オフィスがそれぞれの理想の「訓練」ができる「職場」になることを目指し
これからも考え続けていきたいと思います。

 

就労移行支援事業所 武蔵浦和Office

武蔵浦和Office
  • TEL 048-762-9326
    FAX 048-762-9327
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)